スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お知らせ

<中>{チューリップ} <大><太>お知らせ {チューリップ}


突然ではありますが............
しばらくの間ブログお休みいたします {YES}

必ず再開するので、首をなが~くして待ってて下さいませ {バイバイ}


{チューリップ} {ひまわり} {チューリップ} {ひまわり} {チューリップ} {ひまわり} 
スポンサーサイト
[ 2006/02/12 14:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アメリカ留学記 ~サンフランシスコ?~

<色:#009900>サンフランシスコの象徴とも言える <大><特大><太>坂 と <大><太><特大>ケーブルカー {電車}{電車}

絵はがきなどの写真を見たことがある方は、ある程度お分かりになると思いますが
サンフランシスコは町の名物となっているほど、とにかく<大><太>坂・坂・坂 ばかりの町
しかも、<色:#ff0000><大><太>心臓やぶりの坂 {危険} と言えそうな恐ろしい傾斜角度の坂が
町のいたるところにあり、坂を使わず歩き回るなんていう事は夢のまたゆめ {ため息}{ため息}
車もサンフランシスコ独特の斜面専用の縦列駐車の方法があったします {車}{車}{車}
当然の如くそんな坂の町では自転車 {自転車} なんていうものは無意味であり{汗}
サンフランシスコ滞在中、自転車を見たのは唯一公園のみ{ふたば}{ふたば}.........でした。

<色:#0000ff>一体誰が、どうしてこんな地形のところに町を作ったのでしょうかね.....{なんで}

そんな坂ではありますが、魅力 {ドキドキ} ももちろんありました {キラリ}

最も傾斜度の厳しい坂の頂上から見下ろすサンフランシスコの町並みと
<太> 360度すべてを見渡せる近郊の町は、おどろくほど素晴らしく最高で{パチパチ}{パチパチ}
息を切らしながら駆け上ったその先に見えるのは...........

<色:#ff00ff>東に広がるサンフランシスコ湾と果てまで続くアメリカ大陸 {ヤシの木}
西はLAまで続く西海岸の海 {サーフィン}
南はスタンフォードやサンノゼの町並み {家}
北にはゴールデンゲートブリッジとワイナリーの町々{ワイン}

 
とにかく散歩が大好きだった私.........{ルンルン}
このスペシャルな願望を見ることの出来る、お気に入りの場所を見つけ{OK}
毎日の生活でふと心を休ませたくなった時や、悲しくなった時など{ため息}
遠く離れた日本 {旗} を想いながら、頂上でぼーーーっ {スリープ} と過ごしていたのでした。
[ 2006/02/09 06:32 ] アメリカ留学記 | TB(0) | CM(0)

アメリカ留学記 ~サンフランシスコ?【家探し2】~



<色:#009900>サンフランシスコでおうちを探し始めて2週目のこと.......。

不動産情報誌に頼ってはいけないと悟った私は
<太>とにかく自分の足で歩いて探そう {ガッテン} と決めたのでした。

しかしながら.......ただ <太><色:#ff0000>歩く とは言ってみたものの
ある程度住む地区を絞らなければこの広い広いサンフランシスコ.....
一生かかっても家を決める事なんて出来ません {ため息}

身を守るための住みか {家} を決める時......なによりもまず
<大><太><色:#ff6600>安全{OK}と言うこと、治安の善し悪しを何よりもまず考えなければならない国アメリカ......{地球}
私はインターネットやガイドブックでの情報をくまなく調べ {本}
ある程度地域の治安に関する知識を頭に入れることから始めたのでした。

ところが実際に歩いてみると
ガイドブックの知識はあまり役に立たなかったというのが正直なところ {ため息}{ため息}
安全{OK}と言われている地域から、ほんの<太>1,2ブロック離れただけで、あっという間に
まるでNYのハーレムのような雰囲気を漂わせている地区へ突入しちゃうのです {危険}

アパートの空き看板を見つけるため上を向きながらフラフラ歩いていた私も
この1週間の間には、何度となく危険地域 {危険} へ足を踏み入れてしまい
慌てて一目散に走って逃げてきた{汗} {超びっくり} というこわーい経験を何度もするのでした {涙}


サンフランシスコも、NYと同じく東西南北に道が走っているのでとっても分かりやすく
そのおかげで、1人で歩き回っていた私も迷子になることは1度もありませんでした {笑}

しかし、分かりやすい道路の代わりにサンフランシスコという町のものすごーく大きな欠点 {げっ}

それは<大><特大><太>坂 しかも<大><太><特大>急斜面の坂の多いこと {超びっくり}

この <大><太>坂 には家探しの間だけでなく
その後の滞在中も含め、何度となく泣かされたものです {グズン} {涙}


つづく
[ 2006/02/07 07:26 ] アメリカ留学記 | TB(0) | CM(0)

節分

実家でパピーと甥っ子が豆まきをしていました {ひらめき}

<中>{}

甥っ子はそれはそれは楽しそうに
鬼のお面をかぶったおじいちゃん ( 父 )と戯れていた...... {笑}

<太><大><色:#ff0000>鬼は~~~そとっ {ロケット}{ロケット}........ と叫びつつ
まるで餌を与えるかのように豆を私にくれた甥っ子に感謝 {バイバイ}

お豆好きな私は、昔から年齢以上のお豆をポリポリ食べていたっけ......{びっくり}
特にこんな素朴な味のする、豆まき用の大豆は大好物 {ドキドキ}

年の数だけ食べると、その年は病気にならずに済む......なんていう言い伝えも無視し
当時 <大><太>80才 をとっくに越えていたおじいちゃんの前に
しっかり年齢分 (=80個以上 {超びっくり} )の豆を数えては置き
おじいちゃんが確実に食べきれないのを分かっていた私は
おじいちゃんの残した豆を一粒残らず平らげていたのでした {パチパチ}{パチパチ}

なんだかそんな懐かしい思い出が、父と甥っ子の戯れる姿で
一気にフラッシュバックしたひとときでした {流れ星}
[ 2006/02/06 09:23 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

発見!!

携帯 見つかる.......... {パチパチ}{パチパチ}{パチパチ}

お騒がせ致しましたが、無事に発見されました {スマイル}

予想通り、立ち寄ったお店にあった模様 {携帯}
お店からの連絡で、ホッと一安心です {汗}
あとで取りに行ってきまーす {ルンルン}


........今回の事で改めて、携帯がないと言うことの不便さを痛感 {げっ}

携帯なんて持っていなかったその昔、外出先で人と逢うときや待ち合わせの時なんて
一体どうしてたんだろうか {はてな}{はてな} .......なんて考えてみたり..... {汗}

便利な世の中になったものです {ひらめき}


[ 2006/02/02 05:50 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

やっちゃった......



携帯なくした.............{ため息}{ため息}

どこ探しても出てきません {涙}

キャーーーーーーーーーーー {ロケット}{ロケット} {げっ} {汗}

たぶん.......今日帰りに寄ったお店あたりで落としたであろうと思われる {ため息}

携帯紛失は初めてのことなので、かなり凹んでます {涙}

明日問い合わせてみなくちゃ{超びっくり}

どうか無事みつかりますよーーーーに {流れ星}
悪用されていませんよーーーに {流れ星}

P.S. 私の携帯に登録されていると思われる方、
    変なメールとか届いたら、本当にごめんなさい {ショック} {涙}
[ 2006/02/01 15:27 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

アメリカ留学記 ~サンフランシスコ?【家探し1】~


<色:#009900>しばらく空いてしまいましたが、アメリカ留学記再開致します {ルンルン}
      
       {ダウン}

サンフランシスコへの引っ越しを決意してからの2週間
<小>ほんと に ほんとーに <大>ほんとー に大変でした {涙}
今思い返してみても、辛すぎて涙が出ちゃいそう......... {げっ}

さて.......引っ越しをすると決めたからには
何よりも先にまずは住むところを探さなければなりません {家}
アメリカで家がないという事は、ある意味 『 <太><大>死 {危険} 』 を意味するわけで
ましてやこれから生活しようと考えているところは
アメリカでも5大都市に定められている巨大都市 <大><色:#000000>サンフランシスコ なのです。

サンタローザからサンフランシスコまでは車で<大> 2時間 {車}
もちろん車なんて持っている訳がなく、交通手段は路線バス {バス}{バス} のみ
そんなあり得ない環境の中でも私は、一刻も早くお部屋を探すために
往復 <大><太>4時間 もの道のりを毎日毎日通ったのでした {ダッシュ}{ダッシュ}

初めて訪れる右も左も分からない土地で部屋探しをすると言うことが
どれだけ大変な事であるかと言うことに、その時は気づいていなかった私.....{危険}

まず手始めに、アメリカ国内で地域不動産情報誌 {本} に目を通し
めぼしい場所を訪ねて見ることから始めたは良いけれど
行ってみるとどこも 「<色:#ff0000>契約済み{ショック} 」 と言われる始末 {ため息}
これだからアメリカはイヤです {怒}{ため息}{ため息}
<色:#ff0000><太>だったら記事を更新しろーーーっ{怒}{怒}{怒} こんな文句も言いたくなります {爆弾}

おまけに不動産業者の横柄な態度にまたまた <色:#ff0000>カチーーーーンッ{怒}{怒} 
不動産業界のそんな難しい英語なんて分かるかーーーー {怒}{怒} って言いたくなるほど
ずらずらと私の知らない単語を並べられ、結局全く意味が分からずで軽くあしらわれ {汗}
悔しい思いを持ちながら退散するハメに {涙} ......なんてものばかりでした。


そんなこんなで、おうち探しの始めの1週間は全くもって収穫ナシでありました {ロケット}{ロケット}
[ 2006/02/01 02:52 ] アメリカ留学記 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。