スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まだまだ不安は尽きません

緊急地震速報の警報も、各地の地震情報のテロップも、
聞き慣れた音や画面に感じてきてしまってる今日この頃。

まだまだ安心出来る状態ではないし、物資の不足は続いてるけれど
今週に入って、徐々に普通の日常にもどりつつある、我が町周辺。

なんて思っていた矢先、東京では2,3日前、ちょっと大きめな余震が続き、
隣の市では、乳児への水道水の摂取を控えるニュースが.....。

子供を持つ親としては本当にまだまだ心配は尽きず、
放射能汚染の事だって、国や市からは安全安全と言われているけど、
そこはやっぱり、親としては誰だって不安にならないハズもなく。

ネット社会の怖さを痛感するほど、インターネット上では、
テレビでは報道されていない恐ろしい真実とやらを、ウソかホントか分からないけれど、
頻繁に取り上げていたりするので、見るたびに怖くなります。

念には念を......取り越し苦労ならそれで良いんです。
あとで後悔したくない、とにかく今はそう思いながら生活しています。

と言ってもね、おうちの周辺、ミネラルウォーターはかなり品薄。
昨日、たまたま他の買い物で行った近所のスーパーで、普通に売っていたので買えましたが、
大型スーパーのペットボトルコーナーが、これほどまでガラガラなのは初めて見ます。

隣接してはいるけれど、うちの市は今のところ水道水汚染は免れてるので
多分、今、子ども達が普通に飲んでも大丈夫なんだろうけど、
どうも、連日の会見で聞かれる、
『 ただちに...... 』 という、このただちに という一言がどうしてもひっかかって.....。

ただちに影響ないって言うけど、いずれ影響あるかもって事は否定出来ないわけでしょ?
ただちに影響ある数値だったら、もう日本は壊滅するでしょ(>_<)
未来ある子ども達に対して、数十年後は分かりません的な対応をしてる気がして
どうしても今の政府や東電に対して不信感がぬぐえないのです。

今回の事故をきっかけに、原発や放射能について私なりにいろいろ勉強してみたけど
やっぱりそういうことに関してド素人なもので、こんな短時間の勉強ではらちあかず。

いろいろな情報に困惑し、不安になりつつの日々ではありますが、
とりあえず、手持ちのお水があるうちは、りゅうりなが直接飲む水のみ、気を付けることに。

中途半端じゃ意味ないかもしれないけど、徹底したらストレスたまるし、
その分、少しでも本当にお水がなくて困ってる人たちに譲れればって気持ちもあり。

身近なところでは、23区、そして武蔵野市や三鷹市に住んでる多くの友達、
しかも乳児を持つ友は、本当に気が気でない日々を送ってる.....と思うと、
何だか自分でもよく分からない、もやもやした気持ちと、
申し訳ない気持ちで一杯なのです。

私と旦那はそのまま、ブリタの浄水器通したお水で済ませます。
お米もそのまま研ぐつもりだし、野菜も水道水で洗う事に。

それでも、普段からお水たくさん飲む2人なので、
買って置いたミネラルウォーターはあっという間に無くなる.....。

はて、その後どうするか?? 
皆さんは、子供にも気にせず飲ませてますか??
特に市内の方、どういう対応してるのかな~。
厚生労働省の言う、乳児と幼児の違いは?
政府の発表は鵜呑みにして良いの?

良かったらご意見くださーーい。


さてさて、地震直後の日記にも書いたけど、『 揺れ 』 に関しては、どうやら
りゅうのほうが、男の子だからか、ビビリ~なのは相変わらずで。

私が片づけや掃除なので立っていて、全く余震に気付かない時、
りゅうが、不安な顔ですーーっと私の横に来てはしがみつき、

『 ママ、なんかおうちがゆらゆらしてるんだけど (>_<) 』 と。

ごめん、息子よ、 ちょーー可愛いんですけど (笑)

りなはと言うと、『え?地震?』って全く気付く様子もなく、遊びに夢中。
やっぱり女子って強いわ~と、改めて感じております。


そんな混乱の中ではありましたが、先日市の3歳検診に行ってきました。

もう、言葉では言い表せないほど、『 クタクタ 』 になりました。
場所見知りはするの覚悟で行ったけど、やっぱり集団に弱いりゅうりな。

保健士さんとの問診まではヨカッタんです。
しっかりおしゃべりも出来て、立派ね~!って言われ、本人達もご満悦。

しかしその後の計測では、2人そろって『 ふくぬがない 』 から始まり、
内科では若い男の先生が怖かったのか、2人とも号泣。りなは泣きすぎて吐くし(>_<)
そして眼科でもふてくされ、まぶしいのにイヤがり、歯科でまた大泣き。

洋服脱いでくれなくて、計測が出来ないままだったので、
すべて終わってから、計測のところに戻り、保健士さんたちのご厚意で、
個別の部屋で測定出来るよう、スタンバってくれて、連れて行くも、
やっぱり、『ふくきたままならはかる 』と2人で断固拒否。

結局、保健士さんたちも、『じゃ着たままはかろうか~』って言ってくれ、
靴だけ脱いで、計らせてもらいました。

もうね、読んでたら分かると思うけど、最初から最後まで、
私はイライライライライライラ.......(>_<)(>_<)

保健士さんたちは、私の様子を察してか、
しきりに、『 1人で連れてきて偉いわ~ 』 『 よく頑張ってるわよ 』 と、
私の気持ちが少しでも落ち着くようにと、励ましてくれていたけど、
もう、心底クタクタでした、私。

もう、すぐそこまで迫ってきてる、幼稚園生活、
こんなんで無事に送れるのだろうか.....また不安が襲ってきた検診でした。

さて、3歳ちょうどの計測結果を記しておきます。

琉生: 87.0㎝ 12.2キロ (洋服の分、-300㌘)

璃奈: 90.0㎝ 11.9キロ (洋服の分、-300㌘)


りゅうは、予想はしていたけど90㎝なくて、やっぱりね....と。
どうりで、お友達の中でも誰よりも小さいわけだ! 
保健士さんには、『 この子なりにちゃんと曲線描いてるから大丈夫 』 と有り難きお言葉。

旦那もそうだったから仕方ないけど、小学6年生くらいまでは
イチバン前に並ぶ事は確定かな.....(*^_^*)

りなは、身長は女の子にしてはさほど低い方ではないらしいけど
体重がやっぱり少ない感じ.......食べないもんな~~~(>_<)

幼稚園の給食で、2人そろっって
好き嫌いなくして人並み食べてくれるように、切に願います。


最後に、久しぶりの写真。 誕生日の時の2人です。
しっかり載せる日記もなく、、けど記しておいてあげたくて。

誕生日当日は、パパ仕事だったから実家にてお祝い。

CIMG5149.jpg

ご近所さんは知ってる、ココのケーキ。結構好き♪

CIMG5147.jpg

そして連休最終日夜、ようやくパパ帰宅しお祝い。
しかし、買いに行ったときにはホールケーキは既になく。
前からご希望言っていた、りゅうはモンブラン、りなはショートケーキで。
CIMG5155.jpg



スポンサーサイト
[ 2011/03/26 12:03 ] 3歳~3歳半 | TB(0) | CM(1)

こんな時だけど........

東日本大地震の発生から、今日で9日目。

日に日に増大していく死者・行方不明者の数や、被災地の惨状、
情報が錯乱している原子力発電所の今後の動きや心配、
そして東京に住む私達に直接関わっている、計画停電の事。

こんなにも心穏やかでない毎日を送る事になろうとは、思ってもなく....。

安否情報を見るたびに、ご家族の気持ちを思い一緒に涙し、
原発の最前線で頑張ってる方々へエールを送りつつも、
何が真実で何が偽りなのか、情報社会の怖さを感じ、
スーパーで、必要以上に買いだめしてる方達への疑問を感じ、
全ての対応に納得がいかない、今の政府に対する怒りを覚え....。

けれど、そんなすべての事も、被災された方たちの事を考えれば
大したことないよね、と日々思う、そんな毎日を送っている私です。


そして、日本が戦後最も大きな困難に立ち向かわねばならない最中、
3月19日、本日りゅう・りな 3歳の誕生日 を迎えました。

本当は、こんな時だし、おめでたい日記を書く事に抵抗があったりもするのですが、
こんな状況であっても、私にとって、そしてりゅうりなにとっても
ものすごく特別な日であることには変わりなく、そして、
いつか、何年後かに、こんな誕生日もあったな~って、そう思ったりするかなと
ささやかながら書かせてもらいたいと思います。

あれから3年。

2,500㌘にも満たない、小さな小さな赤ちゃんだったのに......

もうすっかり、1人前の幼児になりつつある2人。

ママを介さないで、会話しながら仲良く遊べるようになった2人。

どちらか一方の姿が見えないと、必ず確認するようになった2人。

ケンカもするけど、誰よりもお互いを思いやる気持ちが芽生えてきた2人。


母は、夜中から2人の寝姿に何度抱きつき、涙しただろう(笑)
相変わらず目あけて寝る2人なので、すごーーくブチャイク面だけど
そんな顔も、ちょーー可愛くて愛しくて、たまらない.....我が子たち。

この1年は、りゅうりなを双子として産んであげたことを
心からヨカッタと、初めてそう思えた1年でした。

0歳1歳の頃って、どうしても人手が足りない事が多くて、
あ~、双子じゃなかったら....って何度も思ったりしてて、
やっぱり、この1年でいろいろ余裕が出来てきてるんだと、
今こうして日記を書きながらもしみじみ思います。


もうすぐ幼稚園入園。

初めての集団生活を、無事に過ごしていけるのか、
同級生の中にはもうすぐ4歳の子がたくさんいるであろう中、
親としてはいろいろ不安は尽きないけれど、
2人ならきっと大丈夫、協力して頑張っていこうね♪

被災地での幼い子の悲しいニュースを見聞きするたび、
残されたご家族への深い哀悼の意を表し、心からご冥福をお祈りすると同時に
今、当たり前のように自分の横で元気でいるわが子達と過ごす時間が
どれだけ幸せで、有り難い事なのかを、感じずにはいれません。


りゅうくん、りなちゃん

3歳のお誕生日、おめでとう(*^_^*)(*^_^*)
いつまでも2人、仲良くね♪
そして  産まれてきてくれてありがとう

CIMG5143.jpg
[ 2011/03/19 11:30 ] 2歳半~3歳 | TB(0) | CM(2)

地震

こんな深夜だけど、何だか不安で寝れず.....。

さっきから断続してる余震、我が家は8階なので結構揺れます。
今後の経過にも注意が必要です、なんて専門家が言うもんだから
おちおち寝てもいられない.....とどうにも心配性な私です。
一応、リュックに防寒の服とか、りゅうりなのパンツとか詰めてみたりしました。
旦那は車通勤なので、あまり被害に遭わず帰宅出来たけど、
私1人でりゅうりなの命を守らなくちゃっていう責任と緊張が
夜になって旦那が帰宅するまでの時間をものすごーーく長く感じさせました。

そんな旦那は、もうとっくに横で、爆睡してます m(_ _)m zzzzzzzz
この余裕、少し分けて欲しいわ。。。

テレビでひっきりなしに流れる、恐ろしい映像に、ただただ唖然とし、
目の前の地獄のような惨状を、まだ現実のものだと、受け止めれずにいる、
...........そんな深夜の心境です。


それにしても、すごかったですね、地震 (>_<)  

今後の危機管理の意味でも、忘れないために我が家の今日を記しておきます。

我が家は、ちょうど実家の両親が来てくれていて、地震発生時間は
りゅうりな預けて、私は市役所へ外出中でした。

市役所内では、かなり早い段階で館内放送が流れ、
「この建物はイチバン安全ですので、中に待機して下さい!」と。
それでも、どんどん強くなる揺れに、中に居た人が次々と建物の外へ走ってる姿を見ました。
私は、一応建物の中で揺れがおさまるのを待っていたのですが、
もうビックリするくらい揺れが長く、(東京はどうやら3分強続いたらしいです。)
このまま天井とか落ちてくるんじゃないか....と、本気で生命の危機を感じたりしました。

で、一通り揺れがおさまったところで、
何よりも気がかりなのが、りゅうりなと両親の事。
よりによって何でこんな時に限って、我が子と離れてるんだ、私(-_-)と、
ちょっとパニック起こしそうになって、声が震えて涙出てきたけど
とにかく気持ちを落ち着かせ、うちの両親が一緒なんだから、ゼッタイ大丈夫!と、
とりあえず携帯を探すも、なんと今日に限って家に携帯忘れてきた、おバカな私。

ならば、、、と公衆電話を探し、一目散に向かいました。
幸い、早い段階だったので公衆電話は誰も使ってなくて、1番手で自宅へ電話。

こういう時、携帯より固定電話、固定電話より公衆電話 が回線が繋がるという、
ちょっとした雑学が頭に入っていた私は、公衆電話→自宅 が1番繋がると予想し、電話。

ラッキーな事に一発で繋がり、母の声。

先ほども述べたように、家が8階なので
これまでの地震からも、相当揺れるのは分かっていたから、
母に安否確認、というより被害状況を確認、そしてりゅうりなの精神面を確認。

みんな大丈夫よ、安心して! と言われ、とにかくほっとひと息。


で市役所の野暮用は済んでなかったけれど、
とにかくりゅりなの顔と、両親の顔を見ないと!と、いったん帰宅することに。

途中、帰りの自転車でもものすごーーく余震感じたりして、
正直、怖くてたまらなかったし、みんな立ち止まってうずくまったりしてたけど、
止まってる時間があったら、りゅうりなに逢いたい!っていう、
そんな母としての気持ちのほうが先走り、もうダッシュで帰宅。

予想はしていたけれど、マンションのエレベーターは動かず(>_<)

大げさかもしれないけど、こういうのを『 火事場の馬鹿チカラ 』っていうんだろうな。
どこにそんな体力あるの?って、普段の運動嫌いな私を知ってる人なら言いたくなるような、
そんな超全速力で8階まで階段かけのぼり、ようやく自宅へ到着。

で、ビックリしたのが家に旦那が居たこと。
どうやら、現場が比較的近くだったのと、私の携帯も家の電話も繋がらなくて
いろいろ心配になって見に来てくれたようでした。

で、もひとつビックリしたのが、家の中の被害状況。
部屋入ったら、母と旦那で、飛び散ったガラスを片づけ、父は子守。

母との電話では、聞いてなかった、食器の破損。
しかも、1枚や2枚ではなく、結構な数が棚から落ちて割れてました。

あとは、リビングの飾り棚から写真立てやら記念プレートやらが全て落ち、
高価なものばかりが割れ(泣)、リビングも破片だらけ.....。

トイレも、タンクから水が溢れたようで、水浸し。
フタの締めが甘かった、柔軟剤ダウニーも棚から落ちて全部流れ出て....。

おまけに、マンション駐車場も、全く稼動せす。
ガスも全て止まっていました。

思っていたより結構な被害でした......(>_<)

けど、そんな被害を見て思ったのが、地震の時、りゅうりなと私の3人だけでいたら、
食器の割れる音にビックリして、私自身が動揺しちゃっただろうし、
ママが動揺してたら、きっとりゅうもりなもかなり怖がってただろうし、
私でなく、案外肝がすわってる母といてヨカッタんじゃないかなと。

もちろん、帰宅してすぐに2人を抱きしめたけど、
りゅうがちょっと不安そうな顔で父に抱っこされてた位で、りなにいたっては
全然怖がった様子はなく、むしろみんなが集まってくれて楽しい~みたいな顔でした。

やっぱり、女って、いろいろ強いよね、、、と。

わたし、りゅう、りなの無事な姿を確認した旦那は、
あっという間に仕事に戻ってしまったけど、とりあえずお互い無事が分かって一安心でした。


災害に備えて、とか、危機管理 とか言われていたし、
なんとなく頭では思っていたけれど、何だか実際こういう状況が我が身にふりかかり
どういう行動をするのが1番良いのか、
りゅうりなと3人だけで避難になったら、どうしたらよいのか、とかを
改めていろいろと考えさせられました。


我が家の被害なんて、大したことないと思うほど、
もっと多くの被害を受けた方がたくさん居ることでしょう。
東北地方では、明け方までに、きっともっと大きな被害が明るみに出るらしいです。

被災地域の方々には、お見舞い申し上げます。
どうか、無事に元気で朝を迎えられますように。
そして、1人でも多くの命が救われますように。


2011年3月11日。
人生で最も大きな地震が起きた日。
家族の大切さを、改めて感じた日。

忘れられない1日、忘れちゃいけない1日 ですね。

[ 2011/03/12 02:47 ] 2歳半~3歳 | TB(0) | CM(2)

最後の保育室 

CIMG5128.jpg

りなにとって ( ....もちろん、りゅうにとっても ) 3回目となる桃の節句。
去年、一昨年と、当たり前のようにひな人形の周りに防護柵を張り巡らせてたけれど

こんな感じで ↓↓↓ (去年の光景)

orinonaka.jpg

今年は3年目にして、初めて柵をせず、そのまま飾ってみるという、
何とも大胆な行動に出てみましたが、そこはやっぱりもうすぐ3歳、
2,3回教えたら、コレは見て楽しむお雛様♪=触ってはいけない!という方程式が
しっかり出来上がっているのか、むやみやたらに触ることはなく、
2人でひそひそ話ししながら眺める.....なんていう光景が度々あり、
おまけに、飾り付けも一緒に手伝ってくれちゃったり、
空の段ボールを一緒に運んでくれたりと、意外と役に立つ2人で、ありがたや~でした。


そんな桃の節句の今日は、今年度最後となる保育室でした。
1歳成り立ての頃から2年間お世話になった、田無公民館保育室、と先生方。
もうね、1番成長の著しい1歳~3歳の2年間を見続けてくれていたって事で
私としても、今日のお迎えの最後は、すごーーく感慨深いものがあり、
先生達も、初めて保育室に預けた頃のりゅうりなの様子を懐かしく話してくれたりで
今日で最後っていう寂しさが、何とも言えない切ない気持ちになった母と先生.....
で、当の本人たちはと言うと、最後っていう意味がいまいち理解出来ないらしく
いつもと変わらず元気なバイバイ~でお別れ(笑)

思い返せば2年前、最初の頃のりゅうりなは
とにかく人見知り、場所見知りが人一倍激しく、しかも、
家族以外の人に預けられるなんていう状況が初めてだったので、
預けるときはギャン泣き.....というのがずっーーっと続き、
私もまだ早かったかな~って考えてしまったり、
精神的にちょっとツラかったりした時期もあったりしたけれど、
今年度の1年は、本当に保育室を心から楽しみにして過ごしてくれて
お迎えに行った時に、保育室でどんなことをしたのか、誰それがどうした、とかを
満面の笑みで、それはそれは事細かに教えてくれたりだったので、
サークル自体はいろいろ大変な事もあったけれど、
継続して預ける事が出来て本当にヨカッタと、改めて感謝せずにはいられません。

今月中旬開催予定の、公民館お別れ会をもって、先生方とは本当に最後になるので、
当日私、感極まって泣くかも.....と、一応今から公言しておきます(笑)


さて、話変わって、私のハスキーボイス、ようやく良くなってきました。
先週の月曜に声が枯れ、そのまましゃべり続けたせいで、先週末は完全にオカマの声(爆)
今週に入って、少しセーブしたおかげで、10日ほどで何とかココまで回復。
しかし、今日のサークル、来年度への引継ぎ日だったので、
相変わらず声張り上げてしゃべっていたせいで、また今夜も喉が痛いです(T_T)
明日、ちゃんと声出るかな......(>_<)(>_<)

無理はするもんじゃないですな......と、久々の声枯れ週間で痛感しております。


そうそう、先週大阪から遊びに来ていた友人と、
3組で行った遊び場がすごーーくステキだったので紹介します。

おもちゃ美術館 in 四ッ谷三丁目

あんまり知られてない、マイナーな遊び場だとは思うけど
行ってみたら、子供はもちろん、大人もめっちゃ楽しめるステキな場所でした♪
学校の校舎を改築して作っているので、館内の至る所に懐かしさを感じさせ、
おもちゃも、体全体をつかって遊べるおもちゃから、座って手先で遊ぶおもちゃまで
とても短時間では見きれない様々なおもちゃが置いてあり、時間忘れて遊ぶほど。

ドールハウスあり
CIMG5103.jpg

全て「 木 」で出来たボールプール 
CIMG5110.jpg

そしてフチにボールを並べるりゅう (男の子っぽい行動~ 笑)
CIMG5114.jpg

りなも負けずに、一生懸命
CIMG5120.jpg

座って遊ぶ部屋では、真剣に取り組む姿に萌え~な母 笑
CIMG5124.jpg

興味ある方、ぜひ1度いってみてくださーーい。


さてさて、気付いたらりゅうりな3歳のバースデーまであと2週間ちょい。
早いな~、早すぎるな~ (*^_^*)(*^_^*)

3歳になったと思ったら、途端に幼稚園入園。
何だか最近、妙に淋しく感じ始めてる、子離れ出来なそうな母です(-_-)





[ 2011/03/03 20:38 ] 2歳半~3歳 | TB(0) | CM(2)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。