スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日から登園、と写真たち

今日から、無事にりゅうりな2人揃って幼稚園への登園が始まりました。

連休もはさんでのお休みだったので、その間9日ほど。
久しぶりの幼稚園だったし、病院での私と離れる一夜の辛い思い出もあったので、
もしかしたら私と別れる時とか、泣いたりするかなーー、と
心配していた母&先生でしたが、意外にも全く泣く様子はなく、
むしろ、いつもおこなってる、いってらっしゃいのハイタッチ!すらナシ (-_-メ)
振り返ることなく、りなを待つこともなく、ずんずん教室へ入って行きましたとさ。

担任の先生に、
「りゅうくーーん、待ってたよーー」 みたいなセリフ言われたりしたから、
もしかして、照れてる???(^_^;) と思ったり。

しかし、ちょー親バカ発言ですが、
行ってらっしゃいの 「 ハグ 」 を待ってた母は、ちょっとばかり淋しい感じもしましたが、
成長してる証!として、なんだか嬉しくもあり、変な気持ちでした(笑)

子供って、やっぱりどんどん成長するのね......(^^ゞ


んなわけで、雨の中無事に送り届け、ようやく私も久しぶりのおひとり様時間。
今日は雨のため、双子母サークルが中止になったので ( → なんてテキトーなサークル^_^; )
連休で汚れた、家中の掃除をしようと思っていたのですが、
どうもりゅうの事が気になって仕方なく、(.......また倒れたりしなかな~と)
幼稚園から電話がかかってきやしないか、5分おきに携帯をチェックする始末(T_T)

こりゃ精神的に良くないなー と思いたち、急遽、買い物三昧へ(笑)
最後にスーパーに寄り、帰宅したらあっという間にお迎えの時間。

お迎えは、2人とも満面の笑みで待っていてくれ、一安心でした。


ということで、今日はたまっている写真をアップしようかな。
先週末、地元でお神輿担いできて、翌日日記書こうと思っていたら、入院騒動。
すっかりそのままになっておりました。


なかなか粋な感じの2人。
↓↓
IMG_0470.jpg

座り方も決まってる??
↓↓
IMG_0480.jpg

パパと一緒に♪
↓↓
CIMG5475.jpg

パパと3人で手を繋いで......☆
↓↓
CIMG5474.jpg

恥ずかしいけど、記念に家族写真(^^ゞ
↓↓
IMG_0484.jpg

りゅうもりなも、着させられてもまんざらでもない感じ。
実は私も、昔からお神輿かついでる男の人に目がハートになる傾向にあり(笑)
いろんな人に目移りしちゃって......(バカ(-_-;))


そして今週の連休。
りゅうりな自転車、父と母は歩きという、
りゅうりなは楽しくて仕方ない、私達にとっては結構酷な、お出かけ in 小金井公園。
ママチャリなら、ものの数分で到着するのに、着くまで30分はかかったな....。
しかもお弁当持っていったのに、りゅうりなの自転車のカゴは小さくて入らず、
思いバック抱えて、他にも虫かごに虫取り網に、親はクタクタです(-_-;)

遅いよう~! とでも言いたげに振り返るりゅうりな。
↓↓
IMG_0561.jpg

パパに自転車とられ、網で捕獲しようと必死のりゅう
↓↓
IMG_0000519.jpg

どんぐりと、パパが採ってくれたセミとで記念撮影。
↓↓
IMG_0574.jpg


スポンサーサイト

感謝

また変な時間に更新です。(正確には深夜1:30頃です)
先ほどまでうたた寝してたけど、気持ち奮い立たせて起き、
旦那晩御飯の洗いもの、朝ごはん、お弁当準備などしてたら目が冴えちゃった(T_T)
外はなんだか雨がすごいです(T_T)
残暑もようやくおしまいかな~って予感がするほど、来週は雨一色ですね。


さて、今日りゅうの病院へ経過観察のため行ってきました。
結果、特に問題なし。
1度けいれん起こした場合、4-6日目に再びっていう事が多いらしいので
明日まではよーく注意していて下さいね。と言われたけれど、薬も今日でおしまいになり、
経過良好とのことで、一段落です。
日曜からは普段通りの生活をして大丈夫で、来週からは幼稚園にも行けることに。

改めて、大事に至らなくて本当によかった(^_^;)
一時はどうなるかと思ったけど、こうして過ぎ去ったことを
なんてことなく日記にかけるって、幸せな事だよな~と。


さて、幼稚園に行けないここ数日のりゅう。
昼間、りながいない時は、びっくりするほど大人しく、
1人でパズルやったり本読んでみたり、トミカで遊んでみたりと、
予想に反して、ママ~って感じのママにべったり感はあまりなく、
むしろ、私のほうがりゅう~~~(*^_^*) ってくっつきたくなっています。(←息子溺愛中(^_^;)

倒れていた時の、りゅうの姿が忘れられなくて、ちょっと離れたところで遊んでるりゅうに近づき、
よかったよかったと、ぎゅ~~って抱きついては、嫌がられる始末(-_-メ)

そしてりなが帰ってくるなり、テンションもあがり口数も増えるりゅう。
やっぱり、あんなに喧嘩し合ってても、何よりも大切な存在なんだな~と、
ちょっと親としては入り込めない、変な絆を見た気がして、若干淋しかったり(笑)

りなはりなで、りゅうのいない園生活を頑張っているようです。
朝は、マンションのお友達ママに一緒に連れて行ってもらい、
帰りはバスでマンション前まで乗ってきてもらう生活。
幼稚園でも元気で過ごしているようで(担任談)、安心しました。

入園間もないころ、りゅうが体調悪くてお休みした日があり、
今回と同じように朝はお友達と、帰りはバスでという登下校してもらった事があったけど、
行きも帰りも号泣していた事を思えば、この数カ月でほんとに成長したよなーと
母さん、嬉しくてたまりません。

昨日は夕方、担任の先生がりゅうの様子を見に家まで来てくれました。
まだ若い担任の先生は、子供のけいれんが初めての経験だったようで、
涙流すほど心配してくれていて、よかったよかった(*^_^*)と何度も。。。
家でりゅうが退屈しないようにと、らくがき帳のお土産まで持ってきてくれて
りゅうも先生来てくれたことで、テンション上がる上がる!!

今日は病院で、イケメン先生にもう大丈夫と言ってもらえ、
ずっと幼稚園に行きたくてうずうずしていたりゅうは、
帰りのお迎え14時のところ、早く行こう行こう!と13時には自宅を出発させられる始末(-_-メ)
幼稚園の駐車場で、どんだけ待たされたことかっ。
けど、元気になってほんとよかったです。


退院したりゅうの姿をみて、喜んでくれた友人たち 中には涙流してくれた友も。
いろいろ励ましてくれた、病院で同室だった子のお母さん。
病院まで付き添ってくれ、私の体まで気遣ってくれた園長先生。
りゅうの病状聞いて、安心して涙ポロポロ出してくれた担任の先生。
自分の予定キャンセルして、一目散にりなのお迎えに来てくれた母。
心配し過ぎて、りゅうが夢にまで出てきてしまった義父。
りなが寂しくないようにと、遊びにきてくれた姉と姪っ子。

ほんと、感謝感謝です。
周りの方の協力あってこそ、こうして乗り越えていけるんだなって。
なんかちょっと大げさだけど、改めていろいろ考えさせられた出来事でした。

子育て始めて、母親になってまだたったの3年半。
これからもきっとこういう試練、たくさん降り懸かるんだろうな……。
まだまだ未熟な私、いろいろ勉強になります。

りゅう、倒れる(T_T)

昨日、「 つぶやき 」 にて書かせてもらった一騒動。

改めてここに書く前に.......
皆さんにいろいろ心配していただき、ほんとうにありがとうございます。
幸いにも経過良好にて、1泊2日の入院で本日退院することが出来ました。

昨日から今日にかけての怒涛のように流れた時間。
改めて振り返っても、いや~とにかくいろいろ大変でした(-_-メ)
忘れないために、記録として書かせてもらいます。

月曜日、午前11時頃、園から電話が。
友人とランチを予定していた私は、幼稚園からの着信に、
「 あ~、また呼び出しかな~、熱出たの、りゅうりなのどっちだろー........ 」 と軽く考えていました。

「 りゅうせいくんが教室で倒れて、今熱が38℃あるようです。 」

倒れたーーー?? 朝は全くもって元気いっぱいだったので、まずビックリ!!(T_T) 

「 けいれんしていて、意識がなくて、 うんたらかんたら ......( よく聞き取れず ) 」

えっ? えっーーーーーーーっ!! と思いつつ、かなり焦る私。

とりあえず、自転車走らせて園に到着。( そのあたり、動揺し過ぎて覚えてない(T_T) )

横たわるりゅうは、意識なく、けいれんなのか震えなのかよく分からない状態。
その姿みただけでも泣きそうだったけど、ここで母がしっかりしないと、と
とりあえず以前1度熱性けいれんを起こしたことがあることを伝え、
幼稚園の先生と相談し、やはり救急車を呼んで
以前と同じ病院に搬送してもらうのが良いということに。

で、ものの2、3分で救急車到着。
救急隊が酸素マスクをしてくれて、一瞬覚醒したかに見えたけど、
そのまままた意識なくし、抱っこで救急車に乗せ、病院へ。

救急外来の先生に見てもらうまでのこの数十分が、
正直、ものすごく長く感じ、どうして良いのか分からない自分の無力さを痛感。
幸いにも、救急外来に小児科の先生がいてくれて、
( もしかしたら、搬送を事前に聞いて、来てくれたのかも、ですが。 )
しかもなかなかイケメンのくせに ( 笑 いらないか、その情報 (^_^;) )
かなりしっかりしてる感じで、子供にも慣れていて ( 小児科ドクターだから当たり前よね(^^ゞ )
意識をなくしてる時間が、熱性けいれんにしては長いので、いろいろ検査をしたほうが良いと、
テキパキとやってくれて、待ってる私のもどかしい時間も比較的短く済んだ感じがします。

検査のあと、そのイケメン先生に、
採血は痛いので泣くのが普通だけど、全然泣かないので逆に心配(T_T)と言われ、
( それだけ意識が薄れていたって事らしいです )
先生たちも診断が出来にくそうな雰囲気でした。
で、もしかしたら熱中症?熱性けいれん?はたまた違うなにか?といろいろ疑われ、
点滴による回復状態をみるため、しばらく救急のベッドにいたとき、
またもやけいれんを起こし ( 看護師さんが気づいてくれました )、その間2分ほど。

で、相変わらずぐったりなのと、光への反応が右半分が弱いなどなどで、
髄膜炎の可能性も否定できないからと、検査をする事になったのですが、
腰から髄液を採取してする、聞いただけでも痛そうな検査だし、
実際動くと危ない検査らしく、再び覚醒し動き始めたりゅうだったので、
このまま様子見て、またけいれんを起こしたら検査をする、ということで、
意識ない時間も長かったので ( 正確には11時過ぎから、夕方まで )心配だしと、
入院が決定したというわけです。

そんなこんなで、入院が決まり、あたふたしてる夕方に、ようやくしっかり覚醒したりゅう。
自分の置かれている状況を理解出来ず、不安がり ( そりゃそうだ )
シクシク泣いている姿がたまらなく切なく、けどどうしてあげることも出来ず、
ただただ時間が過ぎるのを待つのみ。。。。
家では、お迎えがママじゃなかったって事で、ものすごく不安だったろうりなと
ヘルプに来てくれた実母も待ってるし、それはそれでりなの心の中を思うと、
ものすごく切なく、電話口でりなと会話したときに、りゅうが心配でか、
ママが帰ってこないからか、どちらが理由か分からないけれど
急に泣き出したりしたりなだったので、とりあえず早く帰ってあげたいと思う気持ちもあり。

そんな頃、幼稚園で救急車騒動になったもんだから、クラスの子供からの話をたよりに
なんとなく状況を感じ取った数人のママから、心配メールをもらったり、
つぶやき見てくれた方からもメール頂いたりで、その優しさが
気持ちがまいっていた私の心にずしんと響き、隠れて号泣(-_-メ)

結局、旦那が早退して一旦帰宅し、りなと会ってから病院に来てくれ、
バトンタッチして、入院準備をしに一旦帰宅。
元気そうなりなと会え、ごめんねと伝えてまたもや病院へとんぼ帰り。

病院は保護者の宿泊がダメなので、帰らなくてはならなかったけど
泣いてるりゅうを残して帰れるはずもなく、結局22時過ぎに
りゅうが寝付いてから、当直の先生にいろいろお願いし、後ろ髪ひかれながら帰宅。
生まれてから3年半、初めて夜を別々に過ごしました。

夜中にけいれんが起きたら、という心配と
夜中に目が覚めた時と、朝起きてママがいないっていう状況が
彼にとってどれだけ辛いかって事を想像し、胸がずっと痛かったです(T_T)

で、ようやく帰宅すると、りなはいい子で既に夢の中。
寝顔を見ながら、やっぱり朝起きたときはそばにいてあげよう、と。

で、あまりに疲れた私、そのままソファに座りこみ明け方まで座り寝(?)状態。
朝、体中が痛いのなんのって.................(T_T)

翌朝目がさめたりな、まず一声が、「 ママ~~? 」と私を探す声。
いてあげて良かった。

りゅうが病院で待ってる事を伝え、ちょっと早めに幼稚園に行こうねと促し、
幼稚園→病院と駆け足で向かい、病院到着8:40。

りゅうは、ベッドの上で泣いていました。
その姿を見て、恥ずかしげもなくりゅうを抱きしめた私。

起きたのが7:00前だったらしいので、しばらく泣いていた様子。
しかし、片手には朝食のパンが残り一欠片握られ、ほぼ食べ終わった状態。
泣いてはいたけど、お腹は空いた~~~みたいな、そんな食欲が戻ったりゅうに、
回復した感をすごく感じて嬉しくなりました。

夜中のけいれんもなく、モニターの数値も大丈夫そうなので
とりあえず自宅安静ということで、病院からは帰れるというお話を頂き、
りゅうに伝えて、ようやく笑顔といつものりゅうの様子が戻り、私も一安心。

最終的な診断としては、けいれん群発 というらしく、
今後も急な発熱時には要注意となり、けいれん予防の座薬を処方してもらい
保管しておいてくださいとのこと。
前回の1歳の時の痙攣は、完全なる熱性けいれんと言われるもので、
2回なる人は少ないでしょう、と言われていたけれど、
今回また痙攣を、しかも短い時間に数回起こしたので、
今後しばらくは、様子をみていったほうが良いでしょうとのことでした。
血液検査もCTも、細菌性の髄膜炎を疑う所見は出ていないので、
そのあたりの心配はもう必要ないのではないかと言われ、
とにもかくにも、ほんとにひと安心。


今回の入院騒動で思ったこと。
子供の健康はなにより大切なんだという事と、やっぱり家族一緒が1番だという事。

小児科病棟には、もちろんいろんな子供が入院していて、
生後3ヶ月ほどの赤ちゃんもいれば、管につながれて寝たきりの子もいたり。
そんな子供たちにも、それぞれ母親がいて、家族がいて.....。
たった1泊2日の入院でさえ、親も周りも、そして子供自身も
いろいろ振り回されクタクタになったのに、長期入院なんて考えただけで.....
お母様がたの気持ちを思うと、いたたまれず(T_T)

そして、生まれて始めて、丸24時間を別々に過ごしたりゅうりな。
いつも喧嘩ばかりしてるのに、りなはりゅうの事が気になって仕方ないみたいで、
「 りゅうくん大丈夫かなー 」 「 まだねつあるのー? 」 など頻繁に口にしてました。

幼稚園でも、今日はやっぱり少し不安だったようで、担任の先生にべったりしていたようですが、
退院できる事をりなに伝えた午後からは、一気に元気になったと教えてもらい、
やっぱり心配だったんだな~と、若干3歳の子の、兄妹を想いやる気持ちに
またもや、母は涙腺が弱まりました(T_T)

数時間後、ようやくりゅうりな、24時間ぶりの再会!!
妙に仲の良い2人に、なんだかおかしくもあり、嬉しさいっぱいでした。

しかし、その後に言ったりなの一言。

「 りゅうくんかえってきて、りなちゃん良かった~~ 」 ( → 可愛いこというじゃない! )

「 りなちゃんさー、りゅうくん死んだかと思ったよーーー 」 ( → おいおい、殺すな (-_-メ) )


おまけに、どうやらりなは、教室でりゅうが倒れたことも気づいていなかったみたいで、
先ほど、りゅうが倒れた時の前後の状況を、2人から聞くことによって
概要がわかるかなーーと期待しつつ聞いた私の問い掛けに対し、

「 りゅうくんたおれたの、しらない 」 と (T_T)

救急車でりゅうが運ばれたって話をお母さんにしてたお友達もいたくらいなのに、
なぜ、自分の片割れがそんな大変な時に、気づかないかなーーーー(笑)と思うも、
そこがりならしいと言えばりならしいのかな~と思ったり。


本当にご心配おかけしました。
明日から数日は、りゅう自宅安静、りなは登園、と、
また別々の動きをさせなくちゃならず、ちょっと大変といえば大変ですが、
今週いっぱいだろうと思われるので、母も気合で頑張ります。

金曜日、外来で診察を受けるまでは要観察が必要とのこと。

さっきりゅうから聞いた、倒れる前の話でちょっと気になる事もあったりしたので
いろいろ金曜日まで心配は尽きないけれど、ドクターとも相談しつつ、
様子を見ていこうと思います。

りな発熱(-_-メ)

今日は子供たちが幼稚園行ったあと、
友達とお出かけの予定.................でした、ほんとは。(-_-メ)

しかし、いつも寝起きの良い璃奈が、朝起きるなりご機嫌ナナメ。
なんとなーーく嫌な予感して、熱計ると 37.1℃ (-_-メ)

んんーーーー、微妙。

何が微妙って、この位の微熱、よくあることで。
咳も鼻水もくしゃみも、風邪の症状一切ないし、
幼稚園行ってない頃なら、普通に遊ばせてたかも~な体温。

けど、幼稚園ともなると集団生活だしそうもいかず、
園にいる間に具合悪くなったりすると、お迎えに来て下さいコールの呼び出しがあるので
うかつにお出かけも出来ず。

ということで、大事をとってお休みさせることにしました。
せっかくの自分たちの買い物(服ね、服)だったのにーーーーーー(-_-メ)

(嘘です、ウソ(笑) 子供の事が1バン1バン!!)

りゅうは、いたって元気で登園♪ ←友達のママと行くと言いはるのでお願いしたーー♪


けど、休ませて正解でした。
先ほどからソファでうとうとし始めたりな。
起きたので熱計りなおしたら、あらびっくり、38.5℃に上がっておりました。
昨日の幼稚園でのプールが寒かったのかな.....。
ただの熱でありますように☆☆
りゅうにうつりませんように☆☆

今日明日とゆっくりさせ、すんなり熱が下がってくれることを祈ります。

りなは、幼稚園始まってから、初のお休みです。
これまでりゅうの欠席、早退はあったけどりなは皆勤でした。 うーーん、残念(T_T)

しかし、熱のある子1人だと、びっくりするくらい静かだわ~。
子供同士の絡みがないと、こうも静寂があるものなのか.......と、
毎度のことながら、どちらかが病むと感じてしまう。。。

りゅうの帰りはバスにしてもらったので、いつもより早く帰ってきます。
いまのところ至って元気なりゅうなので、外遊びもろくに出来ず
帰ってきてからどう過ごさせるか、戦争だわな、こりゃ。

今2人がかーなーりーハマってる、トムとジェリーのDVD、借りといて良かった(^^ゞ


りなも寝てることだし、ちょっと振り返って日記書こうかな。

今週水曜、珍しく旦那が平日休み。
平日のお休みがあることはあるのですが、
ゴルフ入れてみたり、オフのくせに仕事の現場に出向いてみたりと、
平日休みが家族にとって有効に使えてないここ最近(T_T)

なので、珍しく子供がいない2人だけのランチをし、
一緒に幼稚園のお迎えに行ったりしてみました。

パパが迎えに来てると気づいた時のりゅうりなの興奮ったら......
正直、一緒にいる私が恥ずかしくなるほど(-_-メ) (←注目された)

先生にも周りの友達にも
「パパが来てるんだよーーーーー」の声×2人分。

めちゃめちゃテンション高いりゅうりなに、旦那もまんざらでもない笑み(笑)
いつもは、園庭で遊んでいくー!となかなか帰らない2人だけど、
パパと一緒だと、びっくりするほどすんなり園をあとにしましたとさ。

いや~、平日休み、もっと増えてどんどんお迎え行ってほしいものだわ。


この画像、我が家のあさがお。
8月中旬にまとめて花が咲き、そろそろおしまいかなと思ってたいた矢先、
3日前あたりから、再び毎日のように4ー5輪ずつ咲いています。

2人分もらってきたのに、なぜか花の色はすべて白!!
どうせなら、ピンクとかムラサキとかが良かったな~と、贅沢言ってる母です。

CIMG544444.jpg







自転車デビュー

今日から待ちに待った通常保育、14時お迎えの日々が始まりました。
夏休みの間、この日をどれだけ待ち望んでいたことか.....(←ちょっと大げさ)
いろいろやりたいことは山のようにあったけど、今日は週明けでクタクタの私。

というのも、昨日夕方から1時間30分、歩かされまして.....(T_T)

週末に、お下がりで自転車を頂いたりゅうりな。

周りの同じ学年のお友達が次々と自転車を持ち始める中、
りゅうりなの、
「 じてんしゃほしいなーーーー 」の声を幾度となく聞かされ、
実はそれなりにずーーっと、はてどうすべきか、悩んでいた日々でした。

双子ママはみんな悩んで通ってきた道であろうと思うけれど、
同時に2人の自転車の付き添い(?)付き人(?)はかなり難しく、
補助付きの時はまだ良いけれど、補助なしの練習を始めるようになったら
どうやって2人の練習に付き合ったらよいのやら....と。
しかも、自転車を置く場所の問題やら、すぐに小さくなるこの時期の自転車に
2台とも新車なんてもったいないんじゃないかという悩みも加わり、
これまではとりあえず、近所の小金井公園の1時間100円で乗れる
貸し自転車で我慢させていました。

そんなときに、降って湧いたお下がりのお話。
実家近所の双子ちゃん(♀×♀)が新しい自転車を買ったので
2台いただけるーーー! しかも、サイズはピッタリ16インチーー!
女の子仕様なので、色はピンク×2よ!と事前に言われていましたが、
いただけるものは頂こうじゃないか.....ということで、譲り受けてきたのでした。

そこのうちのお父さん(双子ちゃんのおじいちゃん)が、
せっかくお下がりで使ってもらうんだから、と、
ちょーーーきれいにお手入れまでしてくれて、ほんとラッキーな頂きものでした☆

で、自転車が2人にとっては最近のまいブームだったので
頂いてきた時から、テンションはマックス!!
マンションの廊下を何往復したことか(笑) ( ご近所さん、うるさくてごめんなさい )

母としては1つ、気になることがあり、
一応念のため、りゅうには
「 色ぬりかえてあげようか? 」 と確認したのですが、

りゅう:「 なんでーー?これ、ムラサキだよ 」 と(笑)

いや、いいのいいの、あなたが良いなら全然良いのよーー(^^ゞ
と、それ以上、色については一切触れるのやめました。

旦那による点検中。
↓↓
CIMG5464.jpg

男の子カラー、女の子カラーって、意識してるのは親のほうで、
実のところ、子供はさほど気にしてないものかな~と思ったけど、
たぶん、それはりゅうの性格ゆえのものであり( →ちょい女々しいところがありまして(^_^;))
これが反対でりなが青い自転車だったら、頑なに拒んだだろうと、
最近のりなの 「 女子 」 が全面に出てきた面を想像しては思うのであります。


で、前置き長くなったけど(笑)
そんなこんなで昨日、パパがお休みだからと、
2人に自転車を漕がせ、旦那と私はそれぞれ1台ずつ付き添いをしながら
実家近くのお祭りまで繰り出してきたのでした。

普段ママチャリでなら20分程度、車なら10分ちょいのところに行くのに
1時間30分はかるーーくかかり、到着したときは子供たち以上に親がクタクタ(T_T)

CIMG5466.jpg

交通ルールもまだわかっていない3歳児に、
車が来たら止まるとか、信号はどうやって渡るとか、いろいろ教えながらの散歩は
それはそれは、いじょーに神経を使うし、心底クタクタに(T_T)
挙句の果てに、16インチの自転車を2人乗りまでする始末(-_-メ)
小さい自転車こぐのって、こんなに大変だったなんてーー(T_T)
足と腰がボロボロ。。。。


お祭りで地元の友達にあって、ビールとたこ焼きを頂いたりしたけど
私のスタミナは既に切れ、りゅうもりなも
「もうねむくなったーーーーzzzzzz」と言い始め、
きた道を同じ時間かけて帰るのは不可能だと判断し、
結局のところ、旦那パパに自転車ごと車に乗せて送ってもらうことに(^_^;)

救世主って、こういう時使うものよね☆☆☆

お義父さん、昨日に限って晩酌がまだだったので、ほんと助かりましたーー!

ものの10分で自宅到着。
車って便利よねーーーーー!!  ありがたき幸せ(笑)

ということで、昨日の疲れが尾をひいていたせいか、
今日は買い物行っただけで、あっという間にお迎えの時間に(T_T)

明日からは勢力的に動くわっ! と、一応意気込んでみました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。