スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ留学記 ~サンフランシスコ?【家探し1】~


<色:#009900>しばらく空いてしまいましたが、アメリカ留学記再開致します {ルンルン}
      
       {ダウン}

サンフランシスコへの引っ越しを決意してからの2週間
<小>ほんと に ほんとーに <大>ほんとー に大変でした {涙}
今思い返してみても、辛すぎて涙が出ちゃいそう......... {げっ}

さて.......引っ越しをすると決めたからには
何よりも先にまずは住むところを探さなければなりません {家}
アメリカで家がないという事は、ある意味 『 <太><大>死 {危険} 』 を意味するわけで
ましてやこれから生活しようと考えているところは
アメリカでも5大都市に定められている巨大都市 <大><色:#000000>サンフランシスコ なのです。

サンタローザからサンフランシスコまでは車で<大> 2時間 {車}
もちろん車なんて持っている訳がなく、交通手段は路線バス {バス}{バス} のみ
そんなあり得ない環境の中でも私は、一刻も早くお部屋を探すために
往復 <大><太>4時間 もの道のりを毎日毎日通ったのでした {ダッシュ}{ダッシュ}

初めて訪れる右も左も分からない土地で部屋探しをすると言うことが
どれだけ大変な事であるかと言うことに、その時は気づいていなかった私.....{危険}

まず手始めに、アメリカ国内で地域不動産情報誌 {本} に目を通し
めぼしい場所を訪ねて見ることから始めたは良いけれど
行ってみるとどこも 「<色:#ff0000>契約済み{ショック} 」 と言われる始末 {ため息}
これだからアメリカはイヤです {怒}{ため息}{ため息}
<色:#ff0000><太>だったら記事を更新しろーーーっ{怒}{怒}{怒} こんな文句も言いたくなります {爆弾}

おまけに不動産業者の横柄な態度にまたまた <色:#ff0000>カチーーーーンッ{怒}{怒} 
不動産業界のそんな難しい英語なんて分かるかーーーー {怒}{怒} って言いたくなるほど
ずらずらと私の知らない単語を並べられ、結局全く意味が分からずで軽くあしらわれ {汗}
悔しい思いを持ちながら退散するハメに {涙} ......なんてものばかりでした。


そんなこんなで、おうち探しの始めの1週間は全くもって収穫ナシでありました {ロケット}{ロケット}
スポンサーサイト
[ 2006/02/01 02:52 ] アメリカ留学記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。