スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出産体験記 その5(術後の恐怖)

ツインズ達に出会えた感慨に浸っている間もなく
あっという間にべべ達2人はオペ室をあとにして
旦那や実母たちが待っている産婦人科病棟へと移動していきました。

さて、残された私、お次はパックリと開いたお腹の縫合です。

..........と、何だか急に胸が息苦しくなり
その後まもなく、一気に気分が悪くなりました。

( 吐きそう...........)

しかし、前日から絶食だったので、胃の中は空っぽ
出るものも出ず、気分だけが最悪状態に...........

どうやら、出産後の胎盤の取り出しやら後処理で
大量出血したらしく、元々低血圧な私なので
普通以上に血圧がガクーーンと落ちてしまったようでした

( あっ............ わたし死ぬかもーーーー )

と、人生で初めてそう感じた瞬間でした。
術前に、出血多量の場合の輸血の説明もあったので
あーそうなっちゃうのかなーー なんて思いつつ
気持ち悪さマックスで、目の前が白くなり始め
マジでやばいかもーーと、意識が遠のきそうになった矢先
先生が私の異変にすぐさま気づいてくれて
昇圧剤を点滴してくれたので、ほどなくして
すーーーっと楽になり、地上へ舞い戻ってきました

ドクターは優しく

「今血圧上げるお薬を点滴したから大丈夫ですからねー」
「すぐに気分も良くなりますよー 」

と声をかけてくださったのを覚えています。


その後昇圧剤がすぐに効いたので
一気に気分も楽になり、再び現実の世界へ..........

術後の処置はその後、20-30分位かかっていたようで
最終的に手術室から病室へ戻ったのは、午後1:30近くだったと思います。

病室へ戻ると、そこはもぬけの殻......
みんなが待っていてくれると思っていたけど
残念ながら、みんな生まれたてのツインズ達に夢中で
私が病室へ戻ってくるという事をすっかり忘れていた模様。

麻酔はまだ完全に効いていて、胸から下の感覚は全くなし
もちろん歩くことも、体を動かすことも出来ずで
頭がぼーっとしている中、みんなの戻りを待っていました

その後、10分もしないうちに猛烈な痛みに襲われた私。
はじめ、麻酔が切れて傷の痛みを感じてきたのかと思っていましたが
どうやらそうではなかったらしく、双子出産者には必須である
最大限に大きくなった子宮を急激に元に戻すための
収縮剤の投与による痛みであることを知らされ
それから丸2日ほど、この激痛に耐えなければなりませんでした

それでもスパルタな病院は、手術の翌日から
動く練習を開始するし、自力でトイレに行く事も......

無理です......

と思いつつも、ツインズに会いたい一心で頑張りました。


今思い返しても、涙が出そうになるほどの痛み
正直、もう2度と経験したくないあの痛み..........

ほんとにツラカッタ.............
スポンサーサイト
[ 2008/04/12 10:14 ] 出産体験記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。